■別冊「カーシェアリング」>カーシェリング体験談>>スマート フォー ツーEV編

オシャレ&コスパで選ぶならベンツの「スマート フォー ツー EV」(1/2)

ベンツのカーシェア車両「スマートEV」@グランフロント大阪

メルセデス・ベンツ日本とオリックス自動車のカーシェアリング事業の協業により実現したのが,「スマート フォー ツー」をカーシェアリング車両に採用するということ。2013年4月26日にオープンした梅田の新スポット「グランフロント大阪」にそのクルマはあるということで,早速利用してきました。


グランフロント大阪には3台のカーシェア車両がある

ひときわ目を引く「スマート フォー ツーEV」

グランフロント大阪はJR大阪駅や阪急梅田駅からすぐ。目指すクルマはグランフロント大阪北館地下3階駐車場にあります。”Mercedes-Benz Connection”というショールーム&カフェの向かいに”北2”エレベーターがあって,それに乗って地下3階まで下ります。エレベータホールを出てすぐ目の前の駐車スペース(28-30)がステーションです。エレベーターからホントすぐなので荷物を持っていても長く歩かなくて済みます。
ステーションにあるオリックスカーシェアの車両は3台。「スマート フォー ツー」はEV(電気自動車)1台のほかにガソリン車も1台と,両方を利用することができます。あと1台はフィットHVです。

グランフロント大阪のオリックスカーシェアステーション 今回は3台並んでいるうちの一番右のEV(電気自動車)を利用しました。

充電プラグの処置と,運転キーの場所に注意

電気自動車なので,ステーションに置かれている間は充電されています。クルマの横にあるブルーの細長いBOXが充電スタンドで,そこからケーブルが延びてクルマの右側面後方に充電プラグが差してあります。利用するときにプラグを抜きますが,このプラグは充電スタンドに差しておきましょう。プラグを抜くのにはそんなに力もいらないので,女性でも楽々だと思います。
また,スマートフォーツーの運転キーの保管場所ですが,一般的なカーシェアのクルマのようにグローブボックスではありません。ボードの下側,足元あたりにキーが差さっていますから,覚えておいてくださいね。それにキーの差し込み口の場所も通常の車種とは異なっていて,運転席と助手席の間の変速機レバーの近くにあります。ハンドルの近くではないので,これもご注意を。

スマートフォーツーの充電の様子 車両右側後方の充電プラグを抜いて,充電スタンドに戻しておきます。

街乗りに最適のオシャレなCOOLコンパクト!

駐車場を出て少し走って,明るい場所でスマートフォーツーEVを撮ってみました。コンパクトなのがイメージできるでしょうか。ライトグリーンのラインがオシャレでCOOLなのです。駐車場で隣に止まっていたもう1台のガソリン車(ブラック)より,こちらのEVのほうが女性向けかなと思います。
試乗気分で大阪市内をあちこち走り回りましたが,小さい車体で混雑した大阪市内をキビキビ走ってくれます。車線変更の時も,車体が小さいからサクッとクルマの流れに入れる感じがします。また,EVならではの加速感も楽しめるし,音が静かなのもいいですね。

グランフロント大阪とスマートフォーツー 車体がコンパクトなので路駐しても気にならないし,市内走行はとても快適です。

つづき >> スマート フォー ツーEV編(2/2)へ

このページのトップへ↑

↓↓ オリックスカーシェアの詳細・申込みはこちらから ↓↓


試乗気分で

ショッピング

観光やアウトドア

初めてのカーシェア

1分でわかるカーシェアリングまとめ


MENU

Copyright (C) 2008-2013 カーシェアリング徹底比較! All Rights Reserved.