トップイメージ

カーシェアリング利用体験談

ここでは,私のカーシェアリング利用体験を2つご紹介します!
1つ目は東京でカーシェア24(マツダレンタカー)のデミオに乗った時のレポートです。(写真が少しボケてしまっているのがあります。ごめんなさい。)
そして2つ目はオリックスカーシェアリング「プチレンタ」を利用した感想レポートです。ページの下半分にあります。先にプチレンタ体験談を読みたい方はこちら
こんな使い方もあるんだ,ステーションはこんなところなんだ,などいろいろ参考にしていただければ嬉しいです。

カーシェア24(現タイムズプラス)体験レポート

9月某日,翌日の学会のために前日入りで東京でした。羽田着17:10のANA便を降りると,友人が迎えてきてくれていました。彼の後について羽田空港ビルの駐車場へ向かうと,彼が暗い駐車場の中でもよく目立つライトグリーンのマツダのデミオを指差して,「カーシェアリングの車だよ。」と言ったのです。

羽田空港の駐車場のカーシェア24のデミオ ↑ライトグリーンの鮮やかな色が,駐車場の中でもすごく目立っていました。これならすぐ見つけられそう。

え?カーシェアリング?私の胸は高鳴りました(笑)そのカーシェアリングの会社は,カーシェア24。こんな形でカーシェアリングの車に乗れるとは予想外で非常に嬉しかったです。最近都内に一気に100ヶ所程度もステーションを開設した勢いのある会社で,とても気になっていたのでなおさらでした。

重い荷物を持って京急やモノレール,バスに乗るのは大変です。そんな時車って本当にありがたいですね。車は流れるように羽田空港から品川方面へ。そして30分もかからないうちに宿泊先のホテルに送ってもらいました。

ホテルに荷物を置いた後は,友人と食事をするために出かけました。彼が車を借りているのは,オフィスの近くの有楽町のステーションなので,一緒にそこまで向かいます。その途中,カーシェア24のノボリが立ったステーションを見つけたので,無理を言って寄ってもらいました。

カーシェア24のステーション:高輪泉岳寺 ↑時間貸し駐車場のTimes(タイムズ)の黄色いネオンと,カーシェア24のオレンジのノボリが目立っていました。ここには3台のデミオがあるそうです。ちなみに,その時の気分に合わせて選べるようにと,全て車のカラーを違えてるんですって。

カーシェア24は自社(パーク24)が運営する時間貸し駐車場のTimes(タイムズ)の一部をカーシェアリング用のステーションにしています。通常の時間貸し駐車場スペースと違って,カーシェア用の駐車場スペースはオレンジ色に枠が塗り分けられていて場所が一目瞭然です。しかもノボリが立っているので,遠くからでもすぐに位置を把握できるのがいいです。万が一時間貸しの利用者が間違って駐車するのを防ぐために,目印の車止めも各スペースに1個置いてありました。

カーシェア24のステーション:高輪泉岳寺 ↑オレンジの枠で塗り分けられた駐車スペースには,「カーシェア24専用」と書いてあり,車止めが置いてありました。これはかなり目立ちます!

カーシェア24のステーション:高輪泉岳寺の昼の様子 ↑ちなみに,昼間の様子はこんな感じです。(カーシェア24様のご厚意で画像を提供いただきました。)

さらに途中で,カーシェア24で使用している外車を展示している田町のステーションを通りかかったので,そこにも寄らせてもらいました。時間貸し駐車場のTimes(タイムズ)って目立つので,ついつい気になってカーシェア24を探してしまうんですよね。ここで展示されていた外車は,BMW1シリーズ(5ドア)とFiat500。BMWだったら湾岸なんかをちょっとドライブしてみたくなります。Fiat500もコンパクトでキビキビ走って運転が楽しそうです。

カーシェア24のステーション:田町の外車展示 ↑人がひっきりなしに通る歩道のすぐ横なので,かなり露出度高いです。

カーシェア24のステーション:田町 BMW カーシェア24のステーション:田町 Fiat500 ↑BMW1シリーズの5ドアは,走りはいいし荷物も沢山積めそう。Fiat500はやっぱり女性に似合う車です。ただし,外車は運転操作が日本車と少し違う点があるので,借りるときにはしっかりスタッフに教えてもらったほうがいいですね。

わがままを言って2つもステーションに寄り道してもらって,ようやく返却先の有楽町のステーションへ。返却先ののステーションはビルの地下駐車場だったのですが,なんとここの駐車場は車番認証(車のナンバープレートを自動で読み取って認証)してくれるところで,ゲートで車と留めると1秒くらいでサッとゲートのバーが上がり,入ることが出来るんです。車番認証の駐車場は東京では増えているみたいですけど,私のような田舎者にはびっくりでした。さらにびっくりなのが,駐車場の管理の方が車を見るなり車止めをずらしてくれて,車をすぐに駐車できるようにしてくれたんです!何でもここの駐車場はコンシェルジュ的なサービスを意識しているんだそうです。こんなステーションもあるんですね〜。

カーシェア24のステーション:有楽町イトシア ↑ここには2台のデミオがありました。今回乗ったのは奥のライトグリーンのほう。手前のブルーのカラーも綺麗ですね。
カーシェア24のICカードでロックするところ ↑社内のキーボックスに鍵を戻した後,車を降りて最後にICカードを読み取り機にかざしてロックして終了。とっても簡単です!

ステーションに車を返却した後は,打ち合わせしてちゃんと仕事もしました(笑)今回のカーシェアリングの車の利用時間は,友人が空港まで迎えに来てくれた時間を考慮して3時間くらい。私のわがままで寄り道したので,本当は2時間くらいかも。この場合,カーシェア24ならわずか1600円で済むんですよね。ちなみに,こうした計算のときに,カーシェア24は200円/15分という時間料金だけで距離料金が無く,しかも消費税は内税なので,使った分の料金計算がサッと出来るのが,目立たないけど非常にユーザーとしてはありがたい点だと思います。

今回のように,空港などに迎えに行くときにカーシェアリングを使うっていうのはいいですね。移動で疲れた身体には,自家用車のように使えるカーシェアの車内ではほっとできます。空港から都心へ向かう夜景も楽しめましたし,ラジオで好きな曲も楽しめました。プライベート空間なので,会話も他人に気兼ねすることなく出来て,非常に有意義でした。今回は空港でしたが,電車の駅の近くにステーションがあるようなので,出張で行くときには使えそうだなって思いました。

やはりカーシェアリングの車に乗ってみたり,ステーションを見てみると全く違って見えますね。タイムズプラス(旧カーシェア24)は毎週体験会を開催しています。体験会は無料ですから,是非見て触って聞いて納得した上で入会してください。

↓ タイムズプラス(旧カーシェア24)の詳しい情報は,こちらからどうぞ ↓
身近・お得・便利と3拍子揃ったタイムズプラスが一番人気

オリックスカーシェア体験レポート

会員になった理由は

我が家は,私・妻・3歳の娘の3人で京都市内に住んでいます。京都市内は古くからの細い路地が今でも多く残っているため,一方通行の細い路地が多い上に駐車場が少ないなど問題点が多く,自家用車を所有するのにあまり適しているとは言えません。市内の移動だったら,自家用車よりもバスや電車を使うほうが便利で安上がりで済みます。なので,私たちも車は持たず,普段は公共交通機関を利用し,車が必要なときにはレンタカーを利用するという方法をとっていました。

我が家では平日は車を使わないため,基本的には「必要なときにレンタカー」で十分でした。でも,時々は「レンタカーを借りるほどではないけれど,ちょっと車を使いたい」と思うことがありました。例えば,かさばるものを運びたい,ちょっと気分転換にドライブしたい,公共交通機関では行きにくい場所へ行きたい,など・・・。そんな時はタクシーを利用するか,諦めることもあって,「車があれば便利だろうなぁ。」と思うことがありました。

そんな中,オリックス自動車が提供する「プチレンタ(現オリックスカーシェア)」というカーシェアリングサービスが,京都に進出!早速入会説明会に参加し,使い勝手も良さそうだったので即入会しました。カーシェアリングは,月額基本料を定額払えば,あとは15分単位で課金されるので,短い時間で利用したいときにレンタカーよりもお得に利用できるのがメリットです。

例えば1時間だけ利用したい場合。レンタカーだと最低でも5000円程度の料金と保険料,ガソリン代がかかりますが,オリックスカーシェアの場合は基本月額使用料2980円(Bコースの場合)が掛かるものの,あとは15分160円の時間料金と,一キロ当たり14〜15円の距離料金(ガソリン代や保険料込み)ですから,10キロほど離れたホームセンターに買い物に行くのに2時間使ったとすると1580円。週に1度程度数時間利用したい我が家には,ぴったりのように思いました。

オリックスカーシェアの場合は,コース設定が2種類あり,基本料金が1000円で,時間利用料金が15分260円のAコースと,基本料金が2980円で利用料金が160円のBコースがあります。私はBコースに申し込みました。

レンタカーと違い,カーシェアリングの場合は,一度会員登録をしてしまえば,利用申し込みは携帯やPCのホームページから簡単に手続きができ,思い立ったときにすぐに使えるのも利点だと思います。

オリックスカーシェアの日ごろの使い方

さて,実際に利用する時の様子をご紹介します。

まずは,利用申請ですが,これはPCや携帯で専用のページにアクセスし,必要事項を記入して送信するだけです。直前まで予約ができ,また利用中に利用時間の延長等も自由にできますので,自分の車とあまり変わらない感覚で利用できます。今のところ,車がいっぱいで利用したいのに使えないという経験は一度もありません。

利用開始時間になったら,車の貸し出しステーションへ向かいます。我が家では,自転車で5分ほどの距離の場所にステーションがありますので,自転車で行きます。ただ,雨の日はちょっと億劫ですね。

オリックスカーシェアは,京都市内にいくつか貸し出しステーションがあります。レンタカーのお店とは異なり,月極駐車場の一角に車が置いてあるだけ,という場合が多いようです。私たちの利用しているステーションには,軽自動車しかありませんが,ステーションによって小型の普通車も選べるところがあるようです。もう少し色々な車が選べると嬉しいですが,近距離利用メインの使用が前提ですから,そういう意味では扱いやすい車が配備されています。

オリックスプチレンタのステーション:烏丸今出川 ↑オリックスカーシェアがカーシェアリングの車両として当初採用していたのが,この三菱自動車のi(アイ)。最近ではマツダのデミオが増えています。いずれも細い路地の多い京都にはぴったりの,小回りが利くとても運転しやすい車です。

ICカードを車にタッチしてロックを解除し,車を利用できるシステムになっています。ロックを解除すれば,車の中にキーがありますので,それを使ってエンジンをかけます。あとは普通の車と同じ使い方です。カーナビも付いていますので,便利です。ガソリンは基本的に入っていて,入れる必要はありませんが,もし走っている途中でガソリンがなくなりそうであれば,備え付けのカードを使って無料で入れることができるそうです。帰りも申請した時間にパーキングに戻り,またICカードでロックするだけです。使い方に関しては特に問題になることはなさそうです。

オリックスプチレンタのICカードで開錠するところ ↑開錠も施錠もICカードを読み取り機にかざすだけ。認証されると,ハザードランプが数回点滅します。

会員として使ってみた感想は

実際にオリックスカーシェアを使用してみた上でのカーシェアリングの利点と課題をあげてみます。

利点としては,
・使いたいと思ったときにすぐに携帯で予約できる。(ステーションに複数台配備されていると,だいたい使いたいときに使えます。)
短時間&近距離であれば安くつく(これが一番ありがたいかも)
・チャイルドシート(ベストのようなもので,1歳半くらいから)があるのが助かる。(これは,会社によっては備えていないところもあります。)

問題点としては
・小型車しか置いていないため,大人数や大きい荷物を運びたいとき,あと純粋に走りたいという場合に対応できる車両がない。
貸し出しステーションが遠い場合は,そこまで行くのが面倒になる。つまり,「手軽に」っていう利点が生かせなくなっちゃいます。
・長時間利用,遠距離になると,レンタカーのほうが安い。この点,オリックスでは,会員向けレンタカー割引があるのでありがたいです。

特に,貸し出しステーションが遠い場合は,致命的です。我が家は自転車で5分程度,という非常に微妙な位置に貸し出しステーションがありますが,かさばるものを運ぶにもタクシーで5分〜10分程度ならタクシーを利用しますし,雨の日なども,「ステーションまで移動するのが大変だから,今日はタクシーにしよう」,なんてことになります(笑)。天気がよく,余裕がある時はプチレンタ,という感じでの使い方になっていますね。

結局我が家では,車が必要になった場合,
・帰省やレジャーなど半日以上の利用にはレンタカー
・2〜3時間程度のお出かけにはカーシェアリング
・20分ほどで終わる用事にはタクシー
という風に使い分けしています。ある程度の都会の京都に住んでいますから,今のところ費用的にも利便性もそれで満足しています。

もし,例えば自宅マンションの駐車場にカーシェアリングのサービスがあったら,ステーションまで行く手間もかからないし,自家用車とほとんど変わらない感覚で利用できますから,絶対お勧めです。

このページのトップへ↑

MENU

Copyright (C) 2008 カーシェアリング徹底比較! All Rights Reserved.